読書の成果を圧倒的に高める1つの方法

あなたは、勉強のために読書をしますか?
私は最近、毎日本を読んでいます。

本を読み、内容をノートに書き記したり
ツイッターにまとめたり、人に教えたりして、アウトプットをしている人は多いのではないでしょうか。

「アウトプット大全」なんていう本が出て、話題になっていたので
アウトプットの大切さがわかっている人は増えたと思います。


学びを結果に変えるアウトプット大全 (Sanctuary books)

しかし、アウトプットだけでは不十分なのです。
一番大切なのは・・・「行動」が変わることです。

行動を変えるために

 

本を読んで行動を変えるために、何をすれば良いのでしょう。
私は本を1冊読み終わるたびに

「アクションプランを立てる」

ということをしています。

本の内容をアウトプットして
そこから、自分の行動に反映させる行動をピックアップし
自分が本の内容を受けて変える行動を
「アクションプラン」として立てるのです。

行動が変わる=未来が変わる、です。

伝え方が9割を読んだ私のアクションプラン

伝え方が9割、という本をご存知ですか?
伝え方が変わると、自分のお願いを聞いてもらいやすくなる。
そんな趣旨で書かれた本です。
私は漫画版を読みました。


まんがでわかる 伝え方が9割

ストーリー仕立てでわかりやすくて、とても読みやすい本です☺️

この本の内容を簡単にまとめると

自分の頭の中の言葉をそのまま言わない

相手の頭の中を想像する

相手のメリットになるお願いの仕方をする

最後の、「メリット」の部分をさらに7つに分けて解説しています。(今回は割愛。本を読んで確かめてみてね)

これを読んで私が立てたアクションプランは

自分の頭の中の言葉をそのまま言わない

相手の頭の中を想像する

相手のメリットになるお願いの仕方をする

この3つ。その中でもまず

自分の頭の中の言葉をそのまま言わない

とりあえずこれだけを意識。
もちろん、最初からすべてできたら最高ですが
私がそれをやろうとすると、できない自分にイライラしだすので、
まずは1項目だけ「完璧に」実行してから次のステップへ行く、と決めています

これができるようになったら2つ目、3つ目と行動を増やしていきます。
変えたい行動はアウトプットの時に「アクションプラン」としてノートにまとめているので
少しずつ、行動が変わっていっているのが自分でも実感できます☺️

あなたのアクションプランは、まずアクションプランをたててみること。

さて、この文章を読んでくれてあなた。
せっかくなので、ここ最近で読んだ本を思い出してみてください。
残る形でアウトプットしてあれば、それを眺めてみましょう。

そして1つでいいので、「今日から変える行動」を1つ書き出して実践してみましょう。

それを積み重ねていくことで、あなたの未来が変わりますよ。

この記事のポイント

  • 行動で未来が変わる。
  • 本の内容をアウトプットするだけでは不十分
  • アクションプランを書いて、行動を変えよう

読書で、あなたの人生を変えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です